英会話コーチング|英語コーチが英会話学習にコーチングプログラムを導入!TOEICから、留学、ワーキングホリデー、就職、ビジネスの成功を応援する独自の英語学習法

東京オリンピックが英語マスターの最大のチャンスである理由3

東京オリンピックが英語マスターの最大のチャンスである理由3

「みんなで学べば怖くない」という心理が働くことです。

東京オリンピックに向けて、すでに多くの人が英語を勉強し始めています。お店の店員や、レストランのウエイターがそうです。ヘアサロンのような所でも、外国人旅行者が来る確率は上がっています。

政府は2020年の訪日外国人旅行者を2000万人にするという目標を掲げていますが、すでに旅行者の数は増えていますね。

空前の日本ブーム

東京だけの話ではありません。京都は、アメリカの旅行雑誌で、訪れたい都市の第1位に選ばれました。大阪市中央区は、Airbnbの「2016年に訪れるべき世界の16地域」の第1位に選ばれました。

Lonely Planetという旅行番組では、2016年に訪れるべき国の第2位に日本を挙げています。

和食ブームも起きています。ラーメン屋がニューヨークやロンドンで大人気。東京オリンピックだけが原因ではないんです。特に大阪を訪れる観光客の多くは、「食い倒れの街」に魅力を感じているそうです。

つまり和食文化が人を引きつけているわけです。

オリンピックはそれに歯車をかける感じで、相乗効果が働いています。

ここから考えても、2020年にはとんでもないことになっていることは十分想 像できると思います。

京都と大阪はすでに一大観光都市になっていますが、他の地方都市にもどんどん外国人旅行者が訪れる可能性があります。当然、各地域で観光客を呼び込もうと働きかけています。

オリンピック抜きにもが英語がブームになっている

グローバル化が進む中、会社員の多くがすでに英語を勉強し始めています。東京オリンピックうんぬん以前の問題ですね。

つまり、今後2年間で日本の英語学習者人口は一気に増えることが予測できるの です。あなたの周りでも必ず誰かが勉強するようになります。

一種のブームですね。それも過去最大の。だったらどさくさに紛れて一緒に勉強してしまいましょう。こういうムードの時にやるのが一番いいんです。自分だけで周りがやっていなかったりすると、挫折した時にやめてしまいがちですが、周りがみなやっていると挫折しにくいですよね。

東京オリンピックが英語マスターの最大のチャンスである理由4

[check]成功者の90%が実践している英語マスターのメカニズムとは

では、成功者の90%が実践している英語マスターのメカニズムとはいったい何なのか。それについて知りたい方は「12日間無料メール講座」にご登録ください。

高橋式英会話コーチング

66人

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional