英会話コーチング|英語コーチが英会話学習にコーチングプログラムを導入!TOEICから、留学、ワーキングホリデー、就職、ビジネスの成功を応援する独自の英語学習法

英語勉強法1 リスニング

英語勉強法1 リスニング

今、数多くの英語教材があり、英語を勉強する方法もいろいろあります。このページではそれぞれの英語勉強法について解説していきたいと思いますが、ここで大切なのは次のポイントです。

1、何をするかだけでなく、それをどう使うか。
2、どのような組み合わせで使うか。
3、自分のレベルに合っているか。
4、自分の性格に合っているか。
5、自分の目的に合っているか。
6、必要な量をクリアーしているか。
7、学習計画があるか。

万能な方法は存在しない

よく、この方法を使えば絶対うまくいくなどと言う人がいますが、すべて人によって違います。万能な方法などないのです。どんな方法でも自分に合っていなければなりません。自分のレベルに合い、性格に合い、目的に合っていることです。

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、文法、語彙

英語の勉強は大きく6つの分野に分けられます。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、文法、語彙です。各分野の中にそれぞれいくつかの勉強法があります。最終的にはすべてを総合的に行う必要があるのですが、時期によってある分野に特化して勉強することがありますので、いちがいに英語の勉強法といってもどの分野を伸ばしたいかによってやり方も変わってきます。

まずは自分のレベルを把握する

レベルによっても勉強法が異なりますので、まずは自分のレベルを把握してください。

ところが、これが、意外とわからない人が多いのです。僕は今まで何千人という人たちのレベルチェックをしてきましたが、自分のレベルを知らないで英会話教室の門を叩く人がたくさんいます。

これから英会話教室に通おうと思っている人、英語教材を購入しようと思っている人、独学で勉強しようと思っている人、自分のレベルがわからないと勉強法も決められません。レベルを把握する意味で、まずはTOEICを受けてください。英検の場合合格しないと結果が出ませんが、TOEICは受ければ必ず点数が出ます。TOEICの点数を言えばどこでもだいたいあなたのレベルを把握することができ、それに基づいて話を進めることができます。

初級者はまずリスニングから

初級者はまずリスニングを多くすることを勧めます。ここでいう初級者とは、TOEICで300点~500点ぐらいの人を指しています。300点以下は入門レベルで、リスニングよりもまずは基礎的な単語や文法を覚えるところから始めたほうがいいと思います。

赤ん坊もまず大量の言葉を聞いてから話せるようになるので、話せるようになる前にある一定期間徹底的に聞くという時間が必要になります。

年齢によっても変わってきます。子供、青少年、若者、中年、老人では当然やることが変わってきます。そういう意味でもコーチについてきちんとやったほうがいいのです。

アクティブリスニングとパッシブリスニング

リスニングには何種類かありますが、僕は主にアクティブリスニングとパッシブリスニングの2つに分けています。

アクティブリスニング意識的に集中して聴くこと。題材は自分が理解できるレベルに合ったものを選ぶ。

パッシブリスニング聞き流すリスニング。題材は多少難しいものでもかまわない。英語の音に慣れるのが目的。

大量に聞く必要があるので、題材は多ければ多いほどいいです。そうなると、パッシブリスニングという方法を使わないと難しいです。

どのぐらいの量かはこちらをお読みください。
          ↓
12日間無料メール講座「成功者の90%が実践している英語マスターのメカニズム」

ただ、理解できないものをただ大量に聞いていても、役に立たない場合があります。(人によります。年齢、レベル、資質)やはり、理解できる内容をある程度集中して聞いたほうがいいでしょう。ですから僕は通常両方やることを勧めます。1時間アクティブリスニングをやったら2時間パッシブリスニングをやるという具合に。

聞き流すだけのスピードラーニングは効果があるのか

聞き流すというと、石川遼選手で有名なスピードラーニングという教材がありますね。あれは効果的なんでしょうか。

これもあなたのレベル、年齢、生活環境、目的などによって変わってきます。初級者で、一日のうち限られた時間しか取れない人で、成人以上の人が最初の1年ぐらい使うには効果があると思います。リスニング力をつけるという意味で効果があります。

これは、英語の後に日本語が流れてくるCDになっていることが大きいです。つまり、運転中に聞いたり、電車の中で聞いたりする時に、テキストを見たりしなくても意味を確認することができるからです。「理解できないものをただ大量に聞く」のではなく、理解できる内容を聞くので、アクティブリスニングの要素が強くなります。また、集中することなく、ただ聞き流すだけでいいということなので、ながら学習、つまり何かをしながら聞くということができるので、長時間聞くことも可能です。

日本語に訳してもいいのか

英語を英語だけで聞いたほうがいいという考え方もあります。松本亨さんが提唱した「英語で考える」という勉強法では、日本語に訳すことはよくないと言われています。英語の後にすぐ日本語訳が流れてくるということは、英文を聞くたびに日本語に訳す癖がつき、英語で考えるという習慣がつきにくいと言えます。

僕も、できることなら英語だけで聞き、英語は英語で理解する習慣をつけたほうがいいと思っています。ただ、これも人によるのです。10代の人なら、英語のシャワーを浴びることで耳が英語に慣れると思いますが、成人に達した人の場合、その方法は非効率とも言えます。最初のうちは日本語の補助を使ってでもある程度内容を理解していくことも大事なのです。

スピードラーニングは最初のうち

ただ、ある程度英語が聞き取れるようになった段階では英語で考える方法に切り替えたほうがいいと思っています。ですから48巻(48ヶ月)すべてスピードラーニングでやらなくてもいいです。人によりますが、最初の1年ぐらい(約12巻)をやって耳が慣れてきた段階で別の方法に切り替える、もしくは別の方法を付け足していくようにするといいでしょう。

スピードラーニングにはバックにクラシック音楽が流れています。これは脳波を学習能力が高まる状態にする作用があるそうで、その点もいいと思います。

どんな方法でも続けないと意味がありません。コーチングを受けることで続けることができるのですが、独学だけでやる場合なかなか続きません。聞いても全く理解できないと楽しめませんし、いちいちテキストを開いたりしなければならない勉強法は苦痛になり、段々モチベーションが下がってしまうことが多いのです。そういう意味では、ただ聞き流すだけでいいというスピードラーニングは、とっかかりとして始めるのに一番適しています。

スピードラーニング 

http://www.espritline.co.jp

ヒアリングマラソンはどうか

リスニング教材として有名なものにアルクから出ているヒアリングマラソンというものもあります。ヒアリングマラソンは30年間続いている英語教材の老舗といえるもので、100万人以上が使用しています。

内容的にはとても充実していると思います。有名人のインタビューなどが多く収録されていて、話題も多岐にわたっています。

一日3時間聞くようになっているのもいいです。僕は、4000時間英語に触れることを提案していますが、これを4年間でクリアーするには1日3時間英語に触れる必要があるからです。ヒアリングマラソンでは1日3時間を1年間続け1000時間をクリアーしますが、1年続ければそれが習慣化し、残り3年も難なくこなせるようになるからです。そして、1000時間聞いた後でリスニング力が飛躍的に伸びているはずなので、スカパーなどそれまでは難しかったリスニング法にも挑戦し、題材が大きく広がります。

初級者には難しすぎる

問題は、初級者には難しすぎることです。開始のレベルがTOEIC550点からとなっていますが、実際には700点以上ないと難しいと思います。

初級レベルでヒアリングマラソンに挑戦した人の多くが途中で挫折してしまいます。

ほとんど理解できないからです。

やるんだったら、「ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!<キクゾー!>」がいいです。

映画、スカパー、ネットラジオ

他にもリスニングの方法はいくらでもあります。DVDで映画を観たり、スカパーやひかりTVなどでニュース、ドラマ、ドキュメンタリーを観たり、インターネットで英語圏のラジオ番組を聞いたりすることができます。

実はこれは画期的なことなのです。僕が英語を勉強していた30年前にはこうした環境はありませんでした。日本で生の英語を聞くにはFEN(現在のAFN)しかなかったのです。

当時、北欧やオランダの人たちは英語が上手なことで有名だったのですが、その理由はテレビでアメリカドラマなどを放映する時、吹き替え版ではなく、字幕版だったからだそうです。

日本は今それ以上の環境を手に入れたのです。

詳しくは下記の本に書きましたのでお読みください。
               ↓
『知らないと絶対損する―ネット時代の英語学習法:完全ガイドブック』

コーチングでは具体的な勉強法を紹介

コーチングを受けられる方には、その人のレベルや状況に合せて、具体的に何をどうしたらいいのか、細かい勉強方法を提案しています。

高橋式英会話コーチング

英語勉強法2 スピーキング
英語勉強法3 リーディング
英語勉強法4 ライティング
英語勉強法5 文法
英語勉強法6 ボキャブラリー
英語勉強法7 映画は英語のお友達
英語勉強法8 スカパーで自宅留学
英語勉強法9 コミュニケーション力1
英語勉強法10 コミュニケーション力2




12846人

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional